建設業許可の新規申請・更新なら

建設業許可どっとこむ

特定建設業の財産的基礎とは

特定建設業における財産的基礎の意義

 特定建設業は、下請保護を主な目的に制度化されたもので、一般建設業とは異なり、特定建設業の許可を申請する者は、発注者との間の請負契約で、その請負代金の額が8,000万円以上のものを履行するに足りる財産的基礎を有することが必要です。

特定建設業における財産的基礎の基準

 許可申請直前の決算において、次のすべての基準を満たす者が、上記の基準を満たしているものとして取扱われます。

@欠損の額が資本金の20%を超えていないこと
A流動比率が75%以上であること
B資本金の額が2,000万円以上であり、かつ、自己資本の額が4,000万円以上であること
@の「欠損の額」とは
  • 法人の場合・・・貸借対照表のマイナスの繰越利益剰余金が、資本剰余金、利益準備金およびその他利益剰余金(繰越利益剰余金を除く)の合計額を上回る額
  • 個人の場合・・・事業主損失が、事業主借勘定から事業主貸勘定の額を控除した額に負債の部に計上されている利益留保性の引当金および準備金を加えた額を上回る額
Aの「流動比率」とは

流動資産÷流動負債

Bの「資本金」とは
  • 株式会社・・・払込資本金
  • 特例有限会社・・・資本の総額
  • 合資会社および合名会社等・・・出資金額
  • 個人・・・期首資本金
「自己資本」とは
  • 総資本から他人資本を控除したもの
  • 法人・・・純資産合計額
  • 個人・・・期首資本金、事業主借勘定および事業主利益の合計額から事業主貸勘定の額を控除した額に負債の部に計上されている利益留保性の引当金および準備金の額を加えた額

@〜Bの基準を満たしているかの判断

<原則>

  • 既存の企業・・・申請時の直前の決算期における財務諸表
  • 新規設立企業・・・創業時における財務諸表

<上記財務諸表上では資本金の額に関する基準を満たさない場合>

  • 申請日までに増資を行うことによって基準を満たすこととなった場合には、この基準を満たしているものとして取扱う

 

無料相談窓口
TEL:0776-26-3175
受付:平日9時〜18時 行政書士中出和男事務所

 

 

※無料相談をご希望の方へ、ご利用の前に「特定商取引に基づく表示」を必ずお読みください!



ホーム RSS購読 サイトマップ
初めての方へ 無料相談フォーム よくあるご質問 お客様のコメント 事務所概要 特定商取引に基く表示