建設業許可の新規申請・更新なら

建設業許可どっとこむ

出向社員は専任の技術者になれるか

出向社員の常勤性

出向社員でも、常勤性が認められれば、「専任の技術者」や「経営業務の管理責任者」になることが出来ます。

 建設業法では、専任の技術者、経営業務の管理責任者の常勤性を求めており、その条件を満たせば専任の技術者、経営業務の管理責任者になることができます。

出向社員の雇用および常勤性を確認する資料とは

一般的に次のようなものがあげられます。

  1. 出向元と出向先との間で締結された出向契約書・覚書の写し
  2.    イ 契約書に出向社員の指名が記載されていない場合は、出向命令書または辞令
       ロ 賃金相当分が申請者(出向先)の負担であることが明確なもの

  3. 出向元の健康保険被保険者証の写しなど
  4. 出向元の賃金台帳、出向先の出勤簿の写し

出向期限が許可申請時と比べて短期間(たとえば1年以内)に到来する場合の必要書類

  • 期限後も常用する旨の誓約書など
  • 出向先との雇用関係
  • 賃金などの負担関係を確認書類

 

無料相談窓口
TEL:0776-26-3175
受付:平日9時〜18時 行政書士中出和男事務所

 

 

※無料相談をご希望の方へ、ご利用の前に「特定商取引に基づく表示」を必ずお読みください!



ホーム RSS購読 サイトマップ
初めての方へ 無料相談フォーム よくあるご質問 お客様のコメント 事務所概要 特定商取引に基く表示