建設業許可の新規申請・更新なら

建設業許可どっとこむ

経営業務管理責任者と政令第3条の使用人

経営業務の管理責任者としての政令第3条の使用人

建設業法上の営業所を設置している建設業者において、一定の権限を委任された支店長または営業所長などを「政令第3条の使用人」といいます。
建設業法第7条第1号に該当し、5年以上の経験があれば経営業務の管理責任者として認められます。
許可を受けた建設業者が「その他の営業所」を設置する場合、その営業所における契約締結の名義人として、必ず「政令第3条の使用人」を届け出る必要がある。

一定の権限とは

一定の権限とは、営業所で請負契約の見積り、入札、契約締結などの実体的な業務を行うことを指します。一定の権限を委任された使用人は、建設業の営業所での契約の名義人となっているなど、事実上の責任者であればよく、必ずしも取締役兼務営業所長や支店長という肩書きは必要ありません。

 

無料相談窓口
TEL:0776-26-3175
受付:平日9時〜18時 行政書士中出和男事務所

 

 

※無料相談をご希望の方へ、ご利用の前に「特定商取引に基づく表示」を必ずお読みください!



ホーム RSS購読 サイトマップ
初めての方へ 無料相談フォーム よくあるご質問 お客様のコメント 事務所概要 特定商取引に基く表示